妊娠中でも液体窒素を使ってイボを除去出来ますか?

妊娠中って、季節にもよりますが肌が敏感で乾燥しやすく
イボができやすくなる人もいるんですよ。

もしもイボが妊娠中にできてしまった場合は、液体窒素とかを
使用して取り除くことはできるんでしょうか?
それとも出産するまで待たなければならないのでしょうか?

■妊婦は液体窒素を使えるのかどうか?

液体窒素はマイナス196度の液で、病院で登場するとモクモクと
スモークを吐き出しながら出てくるので見た目が怖いです。

見た目はともかく、液体窒素の液体は肌に残らず副作用が全くないと
何十年も日本でイボなどの除去に使われているので妊娠中でも
使えます。

イボにしか液体窒素を当てないので、副作用の心配がほとんどないし
痛みはあるんですけど大人は十分我慢できるので問題ないです。

ただ、妊娠中の胎教で痛いとか恐怖の感情を絶対に自分のお腹の子供に
体験させたくないとか、思わせたくないと思っている人がいるなら
出産してからやってみてはどうでしょうか?

イボの場所が足の裏以外ならあわててとる必要はほとんどないんですよ。

私も5年近く放置してましたからね。

でもイボが出来ている場所が足の裏なら、毎日歩くたび、立ち上がるたび
何かをやろうとするたびに痛みが走るので速攻で除去するべきです。

この場合胎教とかのんきなことは言ってられませんよ。

足の裏のイボの痛いことと言ったらありません。

体重がかかるだけでズッキーン、ズキズキと痛むので早めに取るべきです。

■液体窒素を使うイボの種類

体にできるイボの種類は、様々なんですけど液体窒素を使って凍らせて
イボを取るのは、固くて盛り上がっているイボに使うことが多いです。

楕円形にできたり、ほくろの中にできたり、性器に出来たりといろんなところに
イボはできてしまうんですけど、液体窒素を使うときはある程度
痛みが我慢できる場所です。

例えば唇とか、性器とか極端に皮膚が薄すぎるところは難しいです。

そういう時は薬で治したり、塗り薬で治したりするのが一般的なので
医師の指示通りに行うのがいいと思いますよ。

液体窒素は個人で持っている人はほとんどいないと思うので、自分勝手に
自宅で焼いてしまう人はほとんどないと思いますけど、自分でやらずに
医者をきちんと頼りましょうね。

病院でやってもらう場合は、何度か通院しなければなりません。

お腹が大きな妊娠中の女性にとって、何度も皮膚科に通わなければならないのは
かなりの負担になるかもしれませんね。

急いで除去しなければならない場所にイボがない限りは、出産して一息ついてから
取りに行ってもいいと思いますよ。

液体窒素でイボを取り除く場合は、芯が取れないと同じ場所に繰り返しイボが
出来てしまうので、想像以上に長く通院することもあります。

■液体窒素を使わなくても自宅で出来るイボの治療について

イボの種類はいろいろありますが、ものによっては自宅で簡単に
取れてしまうものがあるですよ。

艶つや習慣というイボに良いジェルがあるんですけど、ネットでも話題の商品で
多くの人が喜んで使っているんですよ。

艶つや習慣は、手とか、足とか、首の周りにザラザラしたイボができたり
洋服が引っ掛かったりして困った経験がないですか?

これは、イボの種類の中でも老人性の乾燥や、肌の新陳代謝の低下が原因で
起こってしまうイボの種類の一つなんですけど、艶つや習慣で
きれいになることができてしまうんですよね。

潤い成分がぜいたくに詰まったジェルを、毎日たっぷり気になる部分に塗ると
あんなに気になっていたザラザライボが、気がついたら無くなっていた!
という感じに簡単に取れますよ。

このジェルは副作用がないので、妊娠中の人にもおすすめで病院に
行かなくても自宅で簡単にケアできるからいいですよね。

妊娠中は特に体が乾燥してしまうので、体全身に使える艶つや習慣を
毎日使えばイボの予防にもなりますよ。

公式サイトから艶つや習慣を買うと割引きになりますし、わざわざ外まで
買いに行かなくてもいいのです楽ですよ。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ