イボの治療を液体窒素でやったら痛みはどれくらいあるか?

イボの形やタイプはいろいろな種類があります。

できてすぐのイボならすぐに取れたり、場所によっては想像以上に
時間がかかりますが、今回は液体窒素を使ってイボを取るときの
痛みの感じ方について集中して調べてみました。

■液体窒素って何?体に触れると痛いの?

液体窒素とは、ドライアイスと同じような感じで温度はマイナス196度
ありまして、テレビの宣伝で見たことがあると思いますけど
バラの花を液体窒素に入れると一瞬で凍ります。

人間の体って熱いものが触れても、冷たすぎるものが触れても同じように
火傷のような状態になってしまうのでこの原理を利用して
イボとかを取り除くんですよね。

で、本題は痛いのかどうか?ということです。

先に言いますが、私自身もやったことが何回もありますけど痛いです。

大人ならじっと我慢出来るレベルなんですけど、小さな子供なら
涙を流しながら「痛い、痛い」と泣き出してしまうレベルです。

イボの組織を凍らせて破壊させているのでそれなりに痛みは
つきものなんですよね。

やったことがないので、具体的にどんな痛みでしょうか?と聞かれると
例えるなら、イボを通してジワジワ痛みが来るので最初は痛みが
ほとんど感じません。

これは本当ですよ、液体窒素に触れる時間が長ければ長いほど
痛みが増してくるので、最初はほとんど痛みがないんですよ。

私の場合手に出来たイボがかなり大きかったので、液体窒素にイボを
付ける時間がとても長かったんです。
長いと大人でも泣けるくらい痛いですよ。

■液体窒素をイボに当てて副作用はないのか?

液体窒素とかマイナス196度もある極寒の液体が肌に触れて
人間の体は大丈夫なんでしょうか?

ま、まさか、副作用で凍傷になったりとか?
体の別の部分が、はれ上がったりしないか不安になりますよね!

確かに見た目はグロテスクな液体窒素なんですけど、ほとんどの病院で
使われている理由が副作用が全くないからです。

これを使えば薬を使わなくていいので、薬に対してアレルギーがある人や
肌が弱い人でもほとんどの人に使えるというメリットがあります。

見た目の煙がかなりすごいので、煙とゆうか……冷たすぎてスモークみたいな
モクモクしたものがあるので見た目は怖くなるかもしれません。

副作用についてはとても安心なので、子供でも大人でも
皮膚に何か病気がある人でもほとんどの人が使えます。

ただ、イボが無い普通の皮膚に液体窒素が触れてしまうとただれて
やけどのような感じになってしまうので、暴れないで静かに
受けられる人なら大丈夫でしょう。

■液体窒素でイボを取ると期間はどれくらいかかるのか?

液体窒素を使ってイボを取るには、その人の年齢、イボの出来ている場所
皮膚の柔らかい場所か?固い場所なのか?その場所によって
まったく期間が変わってきます。

子供が足の裏に出来た小さめのイボなら液体窒素を2、3回
当てて貰うのが一般的な完治するまでの期間です。

液体窒素は当てた場所がかさぶたのようになり、自然に皮膚から
はがれ落ちると終了なので、人によっては何度も繰り返すことが
あるんですよ。

普通の人なら1ヶ月弱で終わると思うのですが、体に何カ所も
ある場合は何ヶ月もかかってしまうことがあるんですよ。

■乾燥が原因で出来てしまう大人のイボなら艶つや習慣

艶つや習慣って知ってますか?大人の女性に大人気なんですけれど
首回りや、デコルテ部分にできてしまうポツポツイボを治せるんです。

肌触りのよいジェルで、毎日決められた分量を体に塗るだけで
イボの予防になったり、今現在できているポツポツイボをを
取ることができるんですよね。

イボのケアも出来ますが、保湿効果はばっちりなので肘やかかとの
保湿対策にも使えるんですよ。

これがあれば乾燥が原因で出来る老人性イボを、簡単に自宅で取り除けるので
一家に一つあるとかなり重宝しますよ。

リピーターもかなり多く、ネットで人気のジェルなのでおすすめです。

これなら病院に行かなくても自宅に居ながらできるので、忙しい人や
液体窒素など痛いのが苦手な人にいいですよ。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ